wannabemanのザレザレゴト

なんてことないただの日常

おじの名は

1年以上お世話になっている運転代行屋がいる。

車で街に出て、飲んで帰るときはいつもお世話になっている。

おじさんである。

咀嚼できる歯が5本くらいしかないおじさんである。

もはやおじさんとの話が楽しくて代行を呼ぶために飲みに言っていると言っても過言ではない。

たまに間違って別の代行を読んだときはクソも面白くなく、話すこともなく、どれだけ飲み会が楽しくても運転代行の対応で全てがダメになることもある。

そんなおじさんと色々な話をした。

仕事を辞めようかと思っていること、いつもいくスナックが全然面白くないことの愚痴、レーシングカーのラリー戦の話、そして仕事を辞めてどうするか悩んでる話。

ほどよく酔っ払っているので話すことがスラスラと出てくる。

おじさんはまた、話が面白いので、こちらの腰を折らずにさりげに話を華やかにし、ま、多分そんなに意識してないんだと思うんだけど。

もはや親よりも全然何でも話せる人の立ち位置になっていて、笑える。

そんないつもいい感じのおじさんがヘマをした。マイカーを運転中、タイヤをブロックに擦ってパンクさせる。

たった二週間前に交換したばかりのタイヤがパンクしてしまって自分は焦っていた。ニート故にお金がかかることにだいぶ渋い。

そんな中、おじんは言った。

俺がタイヤ破っちまったんだから、直させてくれ、と。全然おじんのせいだとは思わないけど、12000円くらいはするので世話になるハメに。

2日3日あれば直せるからっていってその場でスペアタイヤを手慣れた様子でサクッと変えてくれたのだ。

どうやら夜の代行屋のみならず日中は板金屋で働いている御仁らしい。

なるほど、どおりで。

修理に2,3日言ってたモノも次の日には電話が来て、タイヤの付け替え含め作業量無料で直してくれた。

いや、気前良すぎだろ。

イケメンすぎるだろ、御仁!

すげー、サービス精神の塊過ぎるっしょ!

自分は仕事をしてた上でここまでのサービスをしたことがあっただろうか。

いや、ない。

は?自分でやれよって思うことも多々あった。

お金上の付き合いだけだろって思ってた。

サービスってこういうことなのか?

いや、違う。

これはサービス云々じゃなく一個人として、普通に友人として接してくれているからなのだ。

多分自分に対してだけじゃない。

誰に対してもそういう付き合いをする人間っているモノだなと。

きっとそういうことをしても全く消耗もしない人間がいるってことに衝撃を受けた。

真夜中まで運転代行業をしながらその日の朝には普通に整備士として働いている、年齢的にはキツイはずなのに。

そんな余裕が無くてもここまでしてくれるサービス力。

凄すぎるだろ、クソぅ。

結局サービス業って最終的には人間関係で構築されるとつくづく実感させられた。

運転代行はあのおじさんがいる限りその会社を使おうと思うし、車がトラブったらおじさんのいる板金屋を利用しようと思った。

結局人の力なんだよ。

単純かもしれないが、そういうことだと思った。

何だか自分に足りないモノがちょっと分かった気がする。

させられてるのでなく、自主的に貢献できるのだ、こういう人間は。

たぶんこの記事に書いたようなことを伝えたところで、多分笑って大したことじゃねぇよって言うんだろーな。

小さなお礼としてプレミアムモルツをあげた。

そんな御仁にまた聞きそびれてしまった。


ところで、おじさんの名前は?


ってな事を考えさせられた土曜の午後。

俺もあんたのようなビッグな男になりてーぜ。

正と負の法則

はっきり言うとスピリチュアルはあんまり好きじゃないんだけど、最近そんなに悪くないなって言葉に出会った。

それは何かのネット記事で見つけた

 

人生、いくら扉をたたいても開かないことがある。

その時は、神様が自分の内容を肥やすために与えてくれた時間だと思って、知識を育てたりして中身を膨らませることにあててみることね。

 

っていう美輪明宏さんの言葉だったんだけど、コレにはちょっと感銘を受けた。まさしく今の自分に必要な言葉だったなと。自分は何ヶ月か前に仕事を辞めて、絶賛スローライフ中なんだけど、家に居てテレビ見ててもどこか行ってても何かモヤモヤしたものが常に胸の中にあって生きづらさみたいなモノを確かに感じてた。意識も高くないし、大した特技もない、絶対に達成したいやりたい事もない。人生全然うまくいってないなぁっていう感覚がずっとあって、周りはどんどん結婚して幸せになってやりたいことに向かっていってみたいな嫉妬もあって、苦しかった。置いていかれた感覚だなって。そんなときこの言葉にあって、ちょっと救われた気がした。それからは色々な事を身につけようと躍起になってみてる。ドラムやったり、コーヒーとカクテルにこだわったり、燻製にチャレンジしてみたり、山登ってみたり。とにかく時間とお金があるわけだから、種撒きまくったらどれか1つくらい咲くんじゃない?くらいの感覚で。とりあえず色々手を出しまくってる。美輪さんの本ちょっと読んでみようかなって思って、正と負の法則ってやつも読んでみた。ようは人生には常に波があって、常に幸せってこともないし、常に不幸ってこともない。大金持ちは早死にするとか、苦しい時期が長いほど幸せが続くとか。ま、人の幸せはプラスマイナスゼロなんだってゆうこと。バランスは取れてるってことなんだと思えて、だから今はたまたま人生で負の部分なだけでこれがずっと続くワケじゃないんだなって思えたら少し楽になった。この苦しさも跳ね上がるタメのバネ作りとして楽しみながら苦しめってことなんだよって思えた。そう考えてシックになってる場合じゃない。ま、そこまでいつも割り切れてるわけじゃないけど、とりあえず目の前のやりたいことをひとつずつやってこうと。そうすればそのうちちょうどいい感じになるんじやないかなって。

 

ちなみにスピリチュアリズムが好きじゃないって言ったのは押しつけがましい知り合いがいたからで、例えばホワイトセージを送りつけて来たり、勝手にカードで占われたりして笑、あげくお付きの神様見える人紹介させられそうになったり、そんな人が知り合いにいたからウザいなーって思ったわけで。まあ、彼女なりの思いやりなんだろーけど、押しつけすぎは宗教の勧誘と一緒じゃん!って感じたワケで、つまり、自分から求めて占ってもらったりタロットしたりは全然良しだと思う。ただ、あくまでも参考にする程度でね。

と、そんないい言葉との出会いとスピ厨押しつけはむしろ迷惑っていうそんな話!以上。

田舎のすでにあるコミュニティにすんなり入る技術

ってあるのかって思うんだけど。

田舎であればあるほど形成されたコミュニティにすんなり入るのって難しいんじゃないか?ってたまに思うんだけど。。。

 

村社会は閉鎖的

・僕が住んでるのはいわゆる超がつくほどの田舎で、近隣住民のだいたいが農業を営んでいるいわゆる農村なんだけど、当然村をうろつくのはジーバー世代で、若い人ほど車移動がメインになっている。当然顔を合わせることもほどんどない。都会だけじゃない、いまやお隣さんですら5年以上会話していない。悲しすぎる現実。

 

農業関係者以外をよせつけないコミュニティ

・生産者、JAに加入してる人たちは横のつながりがあってうらやましいなってたまに思う。若い人達なら青年部とか祭りの準備とか飲み会を頻繁に行ってるらしく、たまにフェイスブックとかでお見かけする。寸分違わず両親も農園経営してるんだけど、自分的に農業を継ぐつもりはみじんもない、今のところ。農業って完全に孤立してできる仕事じゃないから必要不可欠なコミュニティなのは分かるけど(例えば農地が隣通しだったり、高額な農機具をシェアしたり)、市街地に働きに出てる人は現在進行形で住んでてもやっぱり居心地が悪いって感じがする。

 

田舎のコミュニティにすんなり入る方法ってないんじゃないか?

・それは農業を長年やっていて、顔見知った間柄じゃないと無理かもって話。もちろん、同級生とかも少ないから遊ぶ人が全くいないワケじゃないんだけど。変化に乏しいなって。こんなんならやっぱり地方は衰弱して過疎っていくしかないって事なのかな。明らかに子供の数減ってるし。地域活性ボランティアとかも頑張って活動してる。それは人口の流出をふせぐためだし、田舎の魅力発信して移住者を集めるためだと思う。それでその田舎に興味を持って貰えれば移住したいって人も増えるのかもしれないんだけど、いざ移住してみたけど田舎側に受け入れる体制とか優しさがなかったら定着しないワケじゃん。ま、移住者のコミュ力ももちろん必要だと思うけど。日本全国の地方でそういう成功したモデルってあるのかな。


てゆーか私事で人間関係広めたいだけなのに、何でこんな話してんだろ笑

農家継ぐつもりないならさっさと村を出て、一人では完成しない趣味を持って、それ通じて仲間を見つけるしかないんじゃないのかっていう、ソンナカンジの事を思ってました。

 

 

Bare nuckle の男

最近メンヘラ過ぎてヤバイ。

というか、人生がヤバイ。

仕事を辞めて早2ヶ月が経ったのだが、未だに今後の展開が見えてこない。辛い。禿げる。辛いし、ハゲる。某ソフトバンクの孫さんがそれはハゲてるんやない、その人が前進しているんやってツイッターに投稿してたけど、前進もしてなければ後進もしてない。精神的にハゲてきている。そんな感覚。何にせよ、ヒマで仕方ない。これはよくない。

とにかく、社会に所属してないってぇのはこんなに不安で不快なものなのですね。ひっさびさー。いますぐ転職活動したほうがいいのだろうが、アスがムーブしない。散々自分結局何がしたいんだろーとか、他にやることがあるのでは?っていう何かからの期待。もう28なんですけど。いろいろ焦ってるんですけど。そもそも自分の中で反芻される言葉ひとっつも信用できなくて、息がつまる。つまらない毎日。うまく回ってないなー。

悩みは尽きない、いつまでも。

だから私は、Xperia

お目汚し、失礼いたしました。

シド亭はステーキーインザ弘前

ラーメン、パスタ、うどん、そして白飯。
炭水化物は中毒性が高い。

だからこそ今この現代まで主食として生き残ってこれた。

だが、ダイエット時において炭水化物は鬼門とされる最近。

なら、肉はどうだ?
脂肪、タンパク質は高いが上質な肉ならキレイな油を摂取しつつ最高に美味いもの。

肉だ

肉ならば、良い。という謎の解釈。

で、一人で弘前ー大鰐間7号線沿いのシド亭に
行ってきた。

シド亭

食べログシド亭


お店の中は壁がレンガ作りでお洒落な雰囲気。


カウンターに案内された俺は

「お前がシド・ヴィシャスか? へっ 笑えるぜ! そんなにタフだっていうならこれは出来るか?」と

自分の手の平でタバコの火を消して見せた。(店内禁煙)

 それを受けたシドは、ステーキののる鉄板の上に腕を出し、そいつを睨みながら平然と自分の腕にナイフを突き刺して見せ、腕から滴る血がステーキに垂れているのもものともせずにステーキを焼き続けた。

と、これはシドヴィシャスの実話のパクリで妄想しただけであり

実際はマスター熟練の神速でステーキを焼いて頂いた。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/シド・ヴィシャス
こうして

f:id:wannabeman:20160221142032j:image

ガーリックステーキが来た。

それを素手で引きちぎり(ナイフ)

ひと口放り込んだ

アッ

アッ

アッー!!!

びゃあああ

うまい☆

これだ!これだよ!
体が欲していたのは!
迸る肉汁!ほんのり酸味の効いたガーリックソース。

そこに禁断の炭水化物白飯を含む。

な、ナンシィ....

奇跡の融合ぅぅぅ

やはりステーキ(シド)にはご飯(ナンシー)
がいなきゃ話にならねえ!

付け合せのマッシュドポテト、ほうれん草、人参達もボリューミーで良かった。

おまえら、最高だよ。アメイジング

ただ、左手のフォークでライスを喰うのって結構ムズイ。プルプルしてまう。

仕事中(ほんとは休みだったけど、間違って出勤したカスミス)でテンションガン萎えでしたが、午後もしっかりサボれそう!←

ステーキがメインだけど、カレーとかビーフシチューもきになる所。中毒性高いさすがシド!

ベースが弾けなくても関係ないぜ!

休日にランチやってなくても、決してメニューには表記しないぜ!(来るお客さんみんな聞いてた笑)

それがアナーキーだから。
 いんです、それで。

この付近は星野リゾートなりあるから意外と盛り上がってんのかな。

色々楽しめそうだ。


こちらからは以上です。






弘前のBaBaがかなりキテる

先日、同窓会があって散々「ハート様」呼ばれたので

 
その翌日からフルーツダイエットなるものを始めてる。
 
そして今日で3日目。
 
飢えがヤバイ!!
 
イチゴ、バナナ、キゥイ。
 
ゴリラのおやつの様なご飯ばかりでは身が持たぬ。
 
東京グールならぬ弘前グールになりかけていた矢先
 
f:id:wannabeman:20160217123507j:image
 
に遭遇したんや。
 
f:id:wannabeman:20160217123807j:image
 
どうやら、焼きそば屋らしい。
 
12時前にも関わらず、10席に満たないテーブルとカウンターは満席だった。
 
頼み方にはクセがあって
 
常連ぽい人が
 
サンゴォタマ☆ウドン
 
と呪文を唱えていた。
 
なるほど、ジロリアンならぬバーバリアンの前でババ童貞だと悟られる訳にはいかぬな。思い切り大事。
 
さ、サンゴォタ....ma☆う、そばで!
 
見事に噛んだが、伝わったらしい。
そして
f:id:wannabeman:20160217140202j:image
 
がやって来た......アッ
 
汁に浸かってるやんけ!!!
 
焼きそば?
 
これは数年前B-1グランプリで時の人となった
 
トゥユ焼きそば!
 
 
っだ☆
 
レッツイートディス!
 
っあ、ん、あっん、ん、ふ.........
 
っまいっやん!
 
え、何すかコレ?
めっちゃうまいやん。
焼きそばみたいにパサパサしてないから食べやす。
酸っぱさ、甘さバランス良し!
 
これが
 
BaBaか!!
 
しかもオーダーから到着まで刹那で来る。
 
狭いながらも驚異の回転率。
 
そして、この量で350円というコスパ
 
やるやん、ババやるやん!
 
どうりで混んでるわけだ。
 
よーし、また行こう。
 
心のエネルギータンクが満たされるローカル感溢れるこの店に!
 
弘前のリーマンとか家族はこんなとこで節約してたわけか。
 
スマートですね。
 
ただ、店内にはBGMも無ければ効いたサービスもないので
 
おしゃクソカップルが来るとこではないっすね。
 
腹減りし弘前グール共が己の飢餓を癒す為に無音で麺を啜りスマートに去りゆくのが儀礼かも知れませんね。
 
食べログ載ってないけど、東高駅近くにあるんやで。
 
ちなみに、日曜定休。
 
では
 
これらからは以上です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ガルパン劇場版

昨日、ガールズ&パンツァー劇場版を観てきた。

ガールズがパンツをアレするアニメではない。

名前に釣られて観に行ったけど

戦車に乗ってる女子高生達が廃校を取り消す為に大学選抜チームと試合するっていうお話。

だったんだ。

アニメだと分かっていても

みぽりん、半身乗り出して指示してたらいつか死ぬぞ!

部活の試合で核爆発レベルの得物持ち出すんじゃないよ!カール自走白砲とかいうやつ。キノコ雲上がってんじゃねーか。

そもそもアニメ版で廃校取り消されただろ!!

って突っ込みながらおじさんは観てた。

そこに圧倒的戦力差。

勝てるわけがない。

って思ってたらかつてのライバル達が参戦のため転校!(えっ!?ピッコロ様的な!)

そして勝負の行方は。

結果は劇場に足を運んでください観てください!!

ちなみにお気に入りのゆかり殿の活躍があんまりなかったので、おじさんのティーガーは全然ピクリともしなかったとさ。

元からか






現場からは以上です!!