wannabemanのザレザレゴト

なんてことないただの日常

シド亭はステーキーインザ弘前

ラーメン、パスタ、うどん、そして白飯。
炭水化物は中毒性が高い。

だからこそ今この現代まで主食として生き残ってこれた。

だが、ダイエット時において炭水化物は鬼門とされる最近。

なら、肉はどうだ?
脂肪、タンパク質は高いが上質な肉ならキレイな油を摂取しつつ最高に美味いもの。

肉だ

肉ならば、良い。という謎の解釈。

で、一人で弘前ー大鰐間7号線沿いのシド亭に
行ってきた。

シド亭

食べログシド亭


お店の中は壁がレンガ作りでお洒落な雰囲気。


カウンターに案内された俺は

「お前がシド・ヴィシャスか? へっ 笑えるぜ! そんなにタフだっていうならこれは出来るか?」と

自分の手の平でタバコの火を消して見せた。(店内禁煙)

 それを受けたシドは、ステーキののる鉄板の上に腕を出し、そいつを睨みながら平然と自分の腕にナイフを突き刺して見せ、腕から滴る血がステーキに垂れているのもものともせずにステーキを焼き続けた。

と、これはシドヴィシャスの実話のパクリで妄想しただけであり

実際はマスター熟練の神速でステーキを焼いて頂いた。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/シド・ヴィシャス
こうして

f:id:wannabeman:20160221142032j:image

ガーリックステーキが来た。

それを素手で引きちぎり(ナイフ)

ひと口放り込んだ

アッ

アッ

アッー!!!

びゃあああ

うまい☆

これだ!これだよ!
体が欲していたのは!
迸る肉汁!ほんのり酸味の効いたガーリックソース。

そこに禁断の炭水化物白飯を含む。

な、ナンシィ....

奇跡の融合ぅぅぅ

やはりステーキ(シド)にはご飯(ナンシー)
がいなきゃ話にならねえ!

付け合せのマッシュドポテト、ほうれん草、人参達もボリューミーで良かった。

おまえら、最高だよ。アメイジング

ただ、左手のフォークでライスを喰うのって結構ムズイ。プルプルしてまう。

仕事中(ほんとは休みだったけど、間違って出勤したカスミス)でテンションガン萎えでしたが、午後もしっかりサボれそう!←

ステーキがメインだけど、カレーとかビーフシチューもきになる所。中毒性高いさすがシド!

ベースが弾けなくても関係ないぜ!

休日にランチやってなくても、決してメニューには表記しないぜ!(来るお客さんみんな聞いてた笑)

それがアナーキーだから。
 いんです、それで。

この付近は星野リゾートなりあるから意外と盛り上がってんのかな。

色々楽しめそうだ。


こちらからは以上です。